土地活用

土地活用とは?土地活用方法の種類と一括査定サイトを選ぶポイント

投稿日:2018年2月6日 更新日:

土地活用とは?土地活用方法の種類と一括査定サイトを選ぶポイント

土地を所有しているだけで、税金等の一定のランニングコストがかかってしまうのをご存知でしょうか?

もちろん、同じ広さの土地を持っていても都心部と山奥とでは価値は違いますが、税金の負担を少なくするための効果的な方法として、土地活用があります。

この記事では、土地活用や土地活用方法の種類と一括査定サイトについて解説していきます。

SPONSOR LINK

土地活用とは?

土地活用とは?

土地活用とは、オーナーが所有している未利用地や低利用地を、現状よりも最大限に有効活用することです。

例を挙げるとするならば、アパートやマンション賃貸経営、店舗併用や自宅併用住宅、駐車場経営、定期借地などいくつもの方法があります。

さらに、交通量が多く狭小地である場合には、アパートやマンションを建設するよりも駐車場経営をした方が有効活用できるというように、周辺の環境や立地条件など所有している土地の特徴をしっかりと理解していると、それぞれ最適な土地活用の方法を見つけられるのではないでしょうか。

ちなみに、土地は所有しているだけで一定の税金がかかってしまうので、税金負担を少しでも減らすことが土地活用の目的です!
 

土地活用をしていない場合、どうなるのかというと、土地は所有をしているだけで、毎年固定資産税などの高額な税金がかかります。

そして、近年では更地のままで土地を所有していても土地価格は値下がりする一方で、バブル期のように値上がりするようなことはないという傾向にあります。

ですので、土地を更地のまま所有しておくことは、なんの生産性もなく、お金を浪費するだけなので土地を活用していないということは、最大のリスクになるのではないでしょうか。
 

土地活用方法の種類

土地活用方法の種類

土地を売却する

自ら土地活用をするのではなく、土地を売却して現金化をする方法です。

土地の条件によって賃貸経営や駐車場経営などが難しい場合は、土地を売却するという選択肢の方が得になることもあります。

土地を売却するという判断は、大切な資産を最短で現金化するという土地活用方法の一つだよ!
 

土地の売却には以下のようなメリットとデメリットがありますが、土地条件によっては土地の売却が最も有益な場合もあるのではないでしょうか。

 【メリット】 
  • まとまった資金が一度に得られること
  • 資産の組み換えが可能であること
  • 相続税資金の確保ができること

 

 【デメリット】 
  • 家賃収入のような定期的な収入は得られないこと
  • 譲渡税や譲渡費用が発生すること

 

アパートやマンションを経営する

所有する土地に賃貸のアパートやマンションを建設して、賃貸経営することで家賃収入を得る方法です。

アパートやマンション経営は、土地活用方法の中でも一番人気があり、賃貸住宅のニーズが高そうな住宅地をメインとしており、自宅との併用住宅も可能です。

アパートやマンション経営には以下のようなメリットとデメリットがありますが、賃貸経営も軌道に乗れば高収入が見込めて、魅力的な方法ではないでしょうか。

 【メリット】 
  • 賃貸経営初心者でも、建設プランから管理などの全てを委託して、経営可能であること
  • 家賃収入といった毎月安定した収入が想定されること
  • 狭小地であっても可能であること
  • 所得税や固定資産税の軽減や相続税の節税対策など、税制上の優遇措置が取れること

 

 【デメリット】 
  • 初期投資額が大きいこと
  • 空室のリスクがあること
  • 賃貸経営後には転用が難しくなること
  • 高収入な分、細かい事業計画やしっかりとした管理体制が必要不可欠であること
SPONSOR LINK

駐車場を経営する

所有している土地を車の駐車スペースに合わせて区画整備し、駐車場として利用者に賃貸する方法です。

駐車場のニーズが期待できる駅前や商業施設付近、住宅地の周辺をメインとした土地活用方法の一つで、月極やコインパーキングといった種類があります。

駐車場を経営するには以下のようなメリットデメリットがありますが、初期投資やリスクも少ないことから、気軽に始められる方法ではないでしょうか。

 【メリット】 
  • 初期投資が少なく、資金回収が早いこと
  • 平面式の駐車場であれば、更地に戻すことや転用が簡単であること
  • 短期間で事業を始めることができ、管理が容易であること

 

 【デメリット】 
  • 所得税や固定資産税、相続税の軽減対策にはならず、税制上のメリットが少ないこと
  • 税金の負担が大きいことから、収益が低くなってしまうこと
  • 立体式の駐車場であれば、設備の維持費がかかり、更地への復帰や転用の際の費用が高くなること

 

定期借地にする

所有している土地を10年~30年程の長期間に渡って、賃貸住宅や店舗などの運営事業者に貸出をし、土地代の収入が得られる方法です。

一戸建て住宅や分譲マンション、ファミレス等の店舗やレンタル倉庫など、多様な事業が可能である土地活用の方法の一つです。

定期借地にするには以下のようなメリットとデメリットがありますが、税制上の優遇措置もあり、建設の際のオーナー負担はないので、有効な活用方法ではないでしょうか。

 【メリット】 
  • 資金がなくても、借り入れによるリスク負担なく活用できること
  • 安定した収益が得られること
  • 住宅関連の用途で活用した場合には、固定資産税や都市計画税の大幅軽減など、税制上の優遇措置があること

 

 【デメリット】 
  • 地代収入のみなので、アパートやマンション経営と比較すると、収入は少なくなること
  • 長期間に渡って固定で土地活用をするため、転用が難しくなること
  • 居住用施設でない場合には、固定資産税の軽減対策にはならないこと

 

一括査定サイトを選ぶ際のポイント

一括査定サイトを選ぶ際のポイント

一括査定サイトといっても、何社もあってどこを選べば良いかと悩んでしまう場合には、以下の3項目のポイントを参考に一括査定サイトを選んでみてはいかがでしょうか。

  • 大手企業から地域密着企業まで、一括査定に参加している企業が多いこと
  • 厳しい審査を通過した企業しか紹介されないこと
  • 一括査定依頼後に勧誘や営業の電話がかかってこないこと

 

このように、上記の項目を参考に一括査定サイトを活用して複数社の不動産会社からの査定額を比較すると、適正価格が分かるだけでなく、自分と相性の良い不動産会社も見つけやすくなるので便利です。

不動産という大切な資産の代表的な土地活用方法だけでも数多くの種類があり、どういった目的で土地活用を行うかが重要になってきます。

さらに、法律や条例などに従って、その地域ごとによって建設可能な建物の種類や規模などの制限があるため、周辺環境や土地の条件などから土地活用方法は違ってくるものです。

したがって、土地を所有しているオーナー側の目的や希望に沿った活用方法が実現できるとは言い切れなくなってしまいます。

ですので、これらのことを踏まえて専門業者に相談する必要があり、その際に一括査定サイトを活用すると、一気に複数社に査定依頼が可能なので、手軽にいくつかの不動産会社を比較検討できて選択肢の幅が広がるのではないでしょうか。

土地活用の一貫として賃貸経営を検討している方は、どこの不動産会社へ依頼したら良いのか分からいこともあるかと思いますので、まずは賃貸経営の一括査定を無料で受けるのも良いですね。

日本最大級で優良な一括査定サイトをもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
>>イエカレの特徴とは?イエカレのメリットデメリットや評判・口コミ!
 

土地活用とは?土地活用方法の種類と一括査定サイトを選ぶポイントのまとめ

土地活用や土地活用方法の種類と一括査定サイトについて、参考になりましたでしょうか?

土地は所有しているだけで、毎年税金がかかってしまうため、せっかく土地を所有しているのであれば、負の財産にはしたくないですよね。

その際に一括査定サイトを活用すると、所有している土地に合った活用方法やオーナーの財産状況なども含めて判断して、最適なプランを提案してもらえるので非常に便利です。

もし賃貸経営を検討している方は、どこの不動産会社が良いのか分からいこともあるかと思いますので、まずは賃貸経営の一括査定を無料で受けてみてはいかがでしょうか。

優良な一括査定サイトをもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
>>イエカレの特徴とは?イエカレのメリットデメリットや評判・口コミ!

意欲的に土地活用をして収益を出す方法を考える場合、後々の計画変更が困難になるため、労力を惜しまずに自分の希望に沿った土地活用方法を検証してみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK

-土地活用

Copyright© 不動産マスター , 2018 All Rights Reserved.