リノベーション

リノベーションとは!?リノベーションとリフォームはどう違うの?

投稿日:2018年7月1日 更新日:

リノベーションとは!?リノベーションとリフォームはどう違うの?

近頃よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉ですが、似たような言葉の「リフォーム」との違いをご存知でしょうか?

どちらも古くなった住居を新しくするといったイメージですが、どのような違いがあるのかと疑問に思う人も多いのではないかと思います。

この記事では、リノベーションとリフォームの違いについて解説していきます。

SPONSOR LINK

リノベーションとは

リノベーションとは
リノベーションとは、現状にある建物に対して大規模な工事をして、新築の時の状態と比べて性能を高め、実用性を良くしたり、価値を上げたりすることです。

リノベーションは、英語で「Re + Innovation」と書き、「革新、刷新、修復」という意味だよ!
 

つまり、リノベーションとは劣化した住居を新たにつくり直すことで、使いやすさやデザインなどの色々な部分の価値をプラスアルファでアップさせ、住んでいる人のライフスタイルに合わせてつくり変えることなのです。

したがって、住宅自体を建て替えるという新築とは違い、壊れたり劣化した所を直す修繕とも違う、使いやすく実用的にする改善が加えられた工事になります。

ですので、リノベーションの規模によるのですが、ほとんどの事例では間取りが変わったりと、リノベーション前後では部屋の印象がガラリと変化します。

SPONSOR LINK

とは言っても、リノベーションは大きくメインの構造まで変えてしまうことはせず、新しい家族にために1つの部屋を仕切って、もう1つの部屋を増やしたり、震災などに備えて耐震性を強化したりする工事のことを指します。

近頃では、中古の一戸建てやマンションを購入して、大規模な改良を行うことをリノベーションと呼び、住宅を購入する際の新たなポイントとなっています。
 

リフォームとは

リフォームとは

リフォームとは、長い間生活していたことによって劣化して古くなった住まいや、購入した中古住宅を新築の時の状態に修復する改修工事のことです。

リフォームは、英語で「Re + Form」と書き、「形を元に戻す」といった意味合いで、一般的に汚れてしまっていたり、壊れてしまったりなど老朽化している所を修繕したり、新しく綺麗にすることを言います。

ちなみに、「reform」は和製英語で、英語圏で使われている「住まいの改修」を意味する単語は、「renovation」もしくは「remodel」になります!
 

リフォームの例としては、外壁などの塗り替えや壁紙の張り替え、台所や風呂場トイレといった水回りの古くなった設備の取り替えといったものが挙げられます。

また、賃貸マンションやアパートでは、入居者が退居した後の原状回復といった意味で、入居者が住む前の状態に復元することをリフォームと言うこともあります。
 

リノベーションとリフォームの違いとは

リノベーションとリフォームの違いとは

リノベーションとリフォームの違いですが、実は国で決められているはっきりとした定義はありません。

ですので、リノベーションとリフォームのいずれの言葉で表しても誤りではなく、使い分けによって変わってきます。

リノベーションとリフォームのどっちも「住まいの改修や改良」を意味しますが、以下の2つの違いが挙げられます。

工事の規模の違い

リノベーションは、大規模に改修することで、新築当時以上に性能を向上させ新しく綺麗にするためのものです。

リノベーションの分類は、大規模な内装工事として、間取りの変更、排水管や水道管などの移動、冷暖房設備の変更や床暖房の配管を通す作業といった全体的な住まいの改修が挙げられます。

一方で、 リフォームは小規模の改修のことで、汚れていたり壊れてしまったような古くなった部分を、新築当時の性能と同じくらいの状況に戻すためのものです。

リフォームの分類は、わりと小規模の内装工事として、壁紙などクロスの貼り替えや、キッチンやユニットバスの交換、床や屋根の張り替えといった設備の交換や修繕が挙げられます。
 

住まいの性能の違い

リノベーションは、住まいの性能を新築の頃の状態を超えるようにしたり、元々の使用目的を変えたりする工事のことです。

一方で、リフォームは、住まいの性能を新築の頃の状態に戻すことで、新築当時に近付けるよう同じくらいの状態にする工事のことです。
 

リノベーションとは!?リノベーションとリフォームはどう違うの?のまとめ

リノベーションとリフォームの違いについて、参考になりましたでしょうか?

実際にリノベーションやリフォームを考えている人の中でも、似たような意味だという認識程度で、2つの違いをしっかりと把握している人はそれほど多くないのかもしれません。

最近では、自分の好きなようにオリジナルな住まいを実現させるために、リノベーション住宅を選択する人も増加傾向にあり、住まいの選択肢の一つとして浸透してきています。

新築物件よりも安く手に入る上に、独自の住まいを叶えることができるリノベーションは、中古の住宅を自分のライフスタイルに合わせて現代風の住まいに蘇らせることができるので人気が高くなっています。

リノベーションなのかリフォームなのか、あるいは新築なのか建て替えなのかと考える際には、どのような家で自分らしい暮らしをしたいかということを念頭に検討してみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK

-リノベーション

Copyright© 不動産マスター , 2018 All Rights Reserved.