住宅

子育てに人気な間取りとは!?子育てしやすい間取りを考えるポイント

投稿日:

子育てに人気な間取りとは!?子育てしやすい間取りを考えるポイント

子供が産まれて大きくなっていけば子供部屋も必要になってきますし、どのような間取りが子育てをしやすいのかをご存知でしょうか?

結婚して子供のことも考え始めると、子育てをしやすい家に引っ越したいと思ったり、新居を構えようと思う人も多いと思います。

この記事では、子育てしやすい人気の間取りを考えるポイントを解説していきます。

SPONSOR LINK

子育てがしやすい人気の間取り:玄関

子育てしやすい人気の間取り:玄関

ウォークインシューズクローク

子育てしやすい玄関は、ウォークインシューズクロークがある間取りが人気です。

玄関の収納においても、靴箱のみではなく、玄関の脇や奥などにウォークインタイプの土間収納として、ベビーカーやゴルフセットなど室内には持ち込みたくないような物を収納できるスペースがあると便利ですよね。

土間収納の土間とは、床を張らないで土足で歩くように作られたところのことで、現代では玄関の一部となっています!
 

靴や物で溢れかえる玄関になってしまうと非常に狭く汚らしく見えてしまいがちですが、玄関から土足のままで出入りできるウォークインシューズクロークがあれば、急遽来客があった際にも綺麗な玄関を保っておけますし、小さなお子さんと出掛ける時にも準備がスムーズになります。

また、子供のためのベビーカーや三輪車、自転車、子供の外遊び道具や雨具など、外には出したくないけど室内にも持ち込みたくないものの他にも、趣味のグッズやガーデニングセットなど大きなものでもきちんと整理して収納できるスペースはとても重要になってくるのではないでしょうか。

玄関からも室内からも出し入れ可能なウォークインシューズクロークであれば、子供たちも自分で片付ける習慣もついたりと、色々と役立ちそうですね。
 

子育てがしやすい人気の間取り:リビング・ダイニング

子育てしやすい人気の間取り:リビング・ダイニング・キッチン

畳コーナーや隣接している和室

子育てしやすいリビングは、畳コーナーや和室が隣接している間取りが人気です。

近年においては、フローリングの部屋が多くなり、和室は必要ないと思う人も増えているかもしれませんが、子育て中の家族にとってはリビングに畳コーナーがあったり、リビングに隣接している和室がある間取りだと、お昼寝やオムツ替えなど、子供の遊び場にも使えてすごく役立ちます。

畳の部屋は、夏は涼しく冬は暖かくて過ごしやすいですし、リビングに隣接していても引き戸などで仕切れるような作りであれば、客間としても利用できたり、子供と一緒にゆっくり座って洗濯物をたためたり、色々と有効的な使い方ができるのではないでしょうか。

子供部屋があったとしても、幼少期の子供の生活はリビングが中心なので、好きなおもちゃをめいっぱい広げて遊べたり、子供と一緒にゴロンと横になってスキンシップを楽しんだり、親子のコミュニケーションも広がりそうですよね。

また、畳コーナーや和室に床下収納や押し入れなどの収納を充実させて、おもちゃを片付ける場所を作っておくことで、子供が自分で使ったものは自分で片付けるという習慣も自然とつくかもしれません。

さらに、和室を客間としてよく使うようなご家庭であれば、玄関からリビングを通らなくても和室に直接行けるような間取りであれば、万が一リビングが子供のおもちゃなどで散らかっていても、気にすることなくお客さまを迎え入れることができるのではないでしょうか。

SPONSOR LINK

勉強コーナー

子育てしやすいリビングやダイニングは、勉強コーナーがあったり設置できそうな間取りが人気です。

子供部屋に学習机を用意しても、小さい子供であれば一人で集中して勉強をするというのは、なかなか難しいのではないかと思います。

そういった場合には、家族の集まるリビングやダイニングの片隅に勉強コーナーを作ってあげれば、親の近くで勉強や宿題などをできるので、子供も安心感があって、分からないことがあった時にもすぐに聞いて解決できるので、勉強もはかどるのではないでしょうか。

また、カウンター式の勉強コーナーの壁にホワイトボードを設置しておくと、勉強していて分からないところをホワイトボードに書きながら教えてあげたり、子供が帰ってきた時のためにメッセージボードとして使えたり、コミュニケーションが取りやすくなりますよね。

さらに、勉強コーナーの近くに本棚を置いておけば、図鑑や辞書などがあることで、分からないところを自分で調べるという習慣もつくかもしれませんし、勉強するだけでなく絵本や本を読んだりもできます。

勉強コーナーも、カウンターデスクという形で広めにとっておけば、親子で一緒に工作をしたり、絵を描いたりもできますし、親子共有の机にして並んでそれぞれのことをしているのも楽しいですし、夜はパパの書斎代わりに使ったり、子供が大きくなってきたら、パソコンを置いて調べ物がある時は共有で使えたりと、様々な用途で使えるのでとても便利です。
 

子育てがしやすい人気の間取り:キッチン

子育てしやすい人気の間取り:キッチン

オープンな対面式キッチン

子育てしやすいキッチンは、オープンな対面式キッチンがある間取りが人気です。

昔ながらの家であれば、台所とリビングダイニングは仕切りによって完全に分かれており、台所に立つのは女性だけというイメージが強いですが、最近ではママだけでなくパパも子供も一緒にお手伝いをしたりできる、オープンな対面式キッチンが多くなりましたよね。

オープンな対面式キッチンであれば、料理をしながらでも遊んでいる子どもを見守ることができて安心ですし、ご飯の準備をしながらでも手を止めることなく、会話を楽しむこともできます。

子供もママが見てくれていると思うと、のびのびと自由に遊べますし、親が料理をしている姿を小さい頃から見ていれば、料理や食を身近に感じて興味を持ったり、自らお手伝いをするようになったり、メリットがたくさんありますよね。

ある程度、子供が大きくなってきたら、一緒に並んで料理を作ることもできるような広くて明るいキッチンだと、親子の楽しいコミュニケーションの場の一つにもなりますね。
 

食料品保管庫としてパントリー

子育てしやすいキッチンは、食料品保管庫としてパントリーがある間取りが人気です。

冷蔵庫には入れない常温保存の食料品のストックや、まとめ買いしたものを収納しておいたり、どうしても場所を取ってしまう分別ゴミ箱などを置いておけるスペースとして、キッチン横にパントリーがあると便利ですよね。

パントリーは、玄関からの導線も考えて玄関とキッチンの間にあると、買い物後の荷物の運び入れやゴミ出しの際にも効率的です!
 

ウォークインタイプのパントリーが多く、キッチンの近くにあればママコーナーとして机と椅子を置き、家計簿をつけたり、パソコンで調べ物をしたり、ちょっとした趣味のスペースにも使えたりと、そんなに広くなくても機能的に使えるママの書斎スペースにもなりますよね。
 

子育てがしやすい人気の間取り:洗面所・浴室

子育てしやすい人気の間取り:洗面所・浴室

洗濯コーナー

子育てしやすい洗面所は、洗濯コーナーがある間取りが人気です。

子育て中は、どうしても洗濯物が多くなってしまいますし、特に共働きの家庭ですと朝の忙しい時間帯の洗濯は大変ですよね。

雨の日や花粉の時期ですと、外干しもできずに困ってしまいますが、洗面所に洗濯コーナーとして室内の物干しスペースがあると、天気や時間帯などを気にすることなく大量の洗濯物が干せるので、とても役立ちます。

また、洗面所からもベランダに出られるような勝手口があれば、外干ししたい時の洗濯物干しの導線も効率的になり、水回りの換気にもなるので便利ではないでしょうか。

SPONSOR LINK

洗い場が広い浴室

子育てしやすい浴室は、広い洗い場がある間取りが人気です。

夫婦二人で生活をしている分には、そこまでお風呂の狭さは気にならないかもしれませんが、子供ができると狭いお風呂場は使いづらくなってきますよね。

赤ちゃんの頃であれば、浴室の洗い場で沐浴をさせますし、少し大きくなってくると親子で一緒にお風呂に入るようになるので、広い洗い場のある浴室が必要になってきます。

大きな浴槽に憧れる人も多いかと思いますが、浴室の洗い場か浴槽かどちらが広い方が使いやすいかを考えてみると、洗い場が広い方が快適なのではないでしょうか。
 

子育てがしやすい人気の間取り:子供部屋

子育てしやすい人気の間取り:子供部屋

成長に応じて仕切れる

子育てしやすい子供部屋は、成長に応じて仕切れる間取りが人気です。

子供が小さい頃は、親の目が行き届くような広くてオープンなプレイルームにしておき、子供が大きくなってきたら扉や本棚などで仕切って一人一人の個室へと、成長に合わせて使い方を変化させられるような子供部屋にできる間取りが理想的ですよね。

活発に遊び回りたい時期の子供には、兄弟姉妹で仲良く広いスペースで思いっきり遊べて、自分の部屋を欲しがる年代になった時に仕切れるように、最初からワンルームにドアや窓、照明などを複数作っておき、後々壁や収納などで間仕切りをするといった自由自在な部屋にできることがポイントです。

ある程度成長してくると、それぞれの個室で自分自身の管理能力を高めたり、一人の時間も楽しめるというようなメリットも出てきますよね。

そして、子供たちが巣立って部屋が必要なくなった時には、夫婦それぞれの個室にしても良いですし、もう一度仕切りをなくして、広めの夫婦の寝室にしてみたり、子供が里帰りした際の子供家族の宿泊部屋として使ったり、状況に応じて使えるので便利です。
 

収納が多い

子育てしやすい子供部屋は、収納が多い間取りが人気です。

子育てしやすい家を探している際に、意外と見落としてしまう傾向にある子供部屋の収納ですが、子供がいると何かとモノが多くなるので、子供部屋にも収納が多い間取りを選ぶことは大切です。

収納が少ない子供部屋ですと、目に入るところにモノがたくさん溢れかえってしまったり、収納ボックスなどを置くと部屋が狭くなってしまいますよね。

子供部屋にもちゃんとした大きめの収納があれば、自ら片付けをする習慣もつきやすいといったメリットもあるので、収納が多い子供部屋はオススメです。
 

子育てに人気な間取りとは!?子育てしやすい間取りを考えるポイントのまとめ

子育てをしやすい間取りを考えるポイントとして、参考になりましたでしょうか。

子育てのために引っ越しを考えている場合には、これから子供とどんな生活を送りたいかということをイメージしてみると、新居を選びやすいかもしれませんね。

子供から大人へと成長していく過程で変化させられるような間取りが理想的ですが、子育てが終わっても将来的に家族みんなが仲良く楽しく住みやすいような間取りを選ぶと良いのではないでしょうか。

SPONSOR LINK

-住宅

Copyright© 不動産マスター , 2018 All Rights Reserved.